英会話や留学やスクール、通信講座を通して学べます

利用価値が高い

ビジネス英語の正しい理解

ビジネス英語は、日常の会話で使われる英語とは趣が違います。英語がネイティブでない人には、日常生活で自分の意のままに英語を使いこなすのは非常に難しいです。ビジネス英語も、単語は難しいものを使い、一文も長く、読むのが難しいです。しかし、一定の書き方、つまりひな形を覚えてしまえば、単語を変えるだけでも簡単にいろいろと書くことができます。仕事で海外の取引先とコミュニケーションするときはビジネス英語でしますが、慣れてしまえば楽に使えるでしょう。ですから、「ビジネス英語はマスターできない」と思い込まないで、使えるように勉強する価値があります。まずは、代表的な例文を覚えることです。ビジネス英語が使えれば、転職を試みる際にも武器になり得ます。

そのためになる活用法

ビジネス英語ができるようになりましたら、仕事の面で生かせるように考えてみましょう。例えば、資格を取得することです。この資格で一番ポピュラーなのはTOEICでしょう。TOEICはTOEFLなどの学術面にフォーカスした内容の英語の試験ではなく、職場での英語の技能を試す試験です。TOEICで良いスコアを取れば、正々堂々と自分の履歴書に「TOEIC 850点」などと書いて自分の能力を売り込むことができます。そうすれば、英語を使う仕事でしたら雇用されるチャンスが倍増するでしょう。また、仕事を得た際には、給料でも考慮されるでしょう。さらに、外資系の企業にも就職する機会も増えるでしょう。特に英語圏で何十年も生活しネイティブのようにならなくても、日本でビジネス英語をマスターすれば夢が広がります。

↑ PAGE TOP