英会話や留学やスクール、通信講座を通して学べます

はっきり伝える

英会話は、自信を持って大きな声で。

英会話をしているときに、自分では正しく表現している気でいても、相手には、全く通じていなかったり、不自然な間ができてしまったりするケースはよくあるものです。 日本人の場合、英会話になれていないため、 言葉は合っているのに、発音をしっかり話すのが恥ずかしかったり、自信がないため声が小さくなってなってしまう人がとても多いために、相手にちゃんと伝わらないケースが多いのです。 英会話のコツは、相手にはっきりと聞こえるように大きな声でしっかり喋りましょう。 そうする事で、気持ちも伝わりますし、自然と発音もよくなり、相手も一生懸命聞こうとてくれるようになります。 日本語で話をする時だって、小さな声で話すより、ハキハキと話した方が、相手に伝わるのと一緒です。

英会話は、子供の時からスタート

最近では、英会話を習いに通う大人が増加しています。 日本人の英語力は極めて低く、最近になり、それを克服しようとしている人が増えてきているのです。 最近では、小学校から、英会話の授業があったりして、英語に早くから触れる事ができるようになりましたが、今の大人たちは、受けてきた英語教育が、単語や簡単な文法がメインの勉強だったために、ペーパーテストは合格しても、実際の英会話となると、全く話せない状態の人が多いのです。 英会話には、感情を込めて話す事が大切になるので、恥ずかしさを感じずに感情表現ができるような年齢から、勉強を始めた方が習得も早いです。 それは、これからの、日本の英語教育に求められる課題でもあります。

↑ PAGE TOP